みなさん、こんにちは(^_^)羽石です。
GW休暇は如何お過ごしでしょうか?
私は事務所でデスクワークです(T_T)

現在私は、お客様に提案する断熱仕様を見直すため、
外皮平均熱貫流率(UA値)を「紙と鉛筆」で計算してます!
ここではUA値のご説明は省略させて頂きますが、
お伝えしたいのは「紙と鉛筆」の威力です(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に理系科目の勉強は、「紙と鉛筆」で勉強すべきだと本気で思ってます!
※文系科目よりその重要度が高まると思ってます!
前職は塾講師(物理)をしてまして、いつも生徒に、
「物理は、紙と鉛筆、で勉強しなさい。」
↑なんか上から目線ですね(^_^;)
と伝えてました。

本当に不思議なもので、「書く」って行為は、
脳に染み込ませるには一番なのです。

このことを教えて下さった高校時代の恩師に感謝してます\(^o^)/
みなさまも資格取得等の勉強をされるときには、
「紙と鉛筆」をぜひご用意ください!

それではまた\(^o^)/
———-
※外皮平均熱貫流率(UA値)とは、
従来の熱損失係数(Q値)に変わる指標です。
住宅の断熱性能を表し、数値が小さいほど性能が高いことを表しています。
各部位から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます。